チップワンストップ - 電子部品・半導体の通販サイト

チップワンストップ

Menu
日本語
SELECT YOUR LANGUAGE
日本円
SELECT YOUR CURRENCY FOR DISPLAY
優遇ステージ/割引率について

現在の商品表示価格は下記が適用されています。


・お客様のご利用状況によって優遇ステージと割引率が適用されます。
・割引に関しましては当WEBサイトからの直接のご注文に限ります。
・一部優遇ステージ対象割引にならない製品や数量がございます。
・優遇ステージの詳細はお客様担当へご確認ください。
・その他の割引とは併用できません。

ニュースセンター

「宇宙家族ジェットソン」があなたの近くの電気自動車にやって来る?

2019/02/01Texas Instruments  自動車

 

2019年2月1日

 

1960年代初頭にテレビ放送されたアニメーション作品「宇宙家族ジェットソン」では、2062年の空を飛ぶ自動車に乗っている家族が描かれています。こういった自動車はまだ実現していませんが、まもなく電気自動車(EV)から同じような音が聞こえてくるかもしれません。


EVには主に3つのタイプがあります。


・ハイブリッド電気自動車(HEV):電気モーターと標準的な内燃エンジンを組み合わせて使用
・プラグイン・ハイブリッド電気自動車(PHV):HEVのバリエーション。標準的な内燃エンジンと電気モーターを搭載。車両を外部の電源にプラグで接続することで内部TIッテリーの再充電が可能。
・バッテリー電気自動車(BEV):推進力として電気モーターを使用する自動車

よく知られている通り、EVは従来の内燃エンジンと比較して非常に小さなエンジン音です。そのため、自動車が接近していることに音で気づく必要がある視覚障害者、小さな子ども、高齢者などの歩行者に危険をもたらします。ある研究では、このように音の静かなEVは、通常の内燃エンジンの自動車よりも歩行者と衝突する可能性が40%高くなることが示されています。また、別の研究では、歩行者は、衝突するわずか1~2秒前まで、EVが低速で走行していることが十分に聞こえないことが示されています。


EVの音が静かなのには、いくつかの要因があります。EVはエンジンをかけたときに雑音が発生しません。また、バックするときや、一時停止の標識や赤信号から発進するときにも、感知できるような音は発生しません。


先日、私はこのことを実感しました。新しいファミリー・カーを購入するために出かけた際、HEVはボタンを押すだけでエンジンがかかりますが、内燃エンジンを始動するときの聞きなれた音は聞こえませんでした。


「READY(準備完了)」状態であることを示す緑色のインジケーター・ライトが見えるだけです。聞きなれたエンジン音が聞こえないので、自動車がどれだけ静かであるかに慣れる必要があります。


運転を開始すると、バックまたは前進のいずれの場合にも、時速32キロあたりになるまで内燃エンジンの始動音は聞こえないことがわかります。


また、燃料を節約するために、特定の停止点で内燃エンジンが自動的に止まります。これは、再発進するときも、タイヤの音や風切り音が大きくなるような特定の速度に自動車が達するまで完全に無音であることを意味します。


このような現状から、米国政府はEVに外部音発生装置の設置の義務化を開始しました。この装置は、自動車が低速で走行しているときに歩行者に自動車の接近を警告します(図1を参照)。各地域によりこの装置は、バーチャル・エンジン・サウンド・システム(VESS)、車両接近通報装置(AVAS)、エンジン/車両サウンド・ジェネレーター、のように呼ばれています。

 

詳しくはこちらをご覧下さい。

https://e2e.ti.com/blogs_/japan/b/analog/archive/2019/02/01/670539


企業HP:
http://www.tij.co.jp

Texas Instrumentsのニュースリリース

関連ニュースリリース