チップワンストップ - 電子部品・半導体の通販サイト

チップワンストップ

Menu
日本語
SELECT YOUR LANGUAGE
日本円
SELECT YOUR CURRENCY FOR DISPLAY
優遇ステージ/割引率について

現在の商品表示価格は下記が適用されています。


・お客様のご利用状況によって優遇ステージと割引率が適用されます。
・割引に関しましては当WEBサイトからの直接のご注文に限ります。
・一部優遇ステージ対象割引にならない製品や数量がございます。
・優遇ステージの詳細はお客様担当へご確認ください。
・その他の割引とは併用できません。

ニュースセンター

絶縁型CANシステムにおけるエミッションの低減とイミュニティの向上

2019/01/18Texas Instruments  アナログ

 

2019年1月18日

 

現在では、異なる電圧で動作しているシステムが増えているため、絶縁型CANトランシーバは、エレベーターから電気自動車、船舶システムに至る幅広い分野で必要な要素になっています。


これらのトランシーバは、コントローラ・エリア・ネットワーク(CAN)規格におけるプライオリタイゼーション機能とアービトレーション機能を、絶縁によるメリット(グランドループの除去、電位差への耐性、同相過渡電圧耐性など)と統合することにより、システム内の2つの電圧ドメイン間で信頼性の高い通信を維持するのに役立ちます。


非絶縁型CANシステムと同様に、絶縁型CANシステムを構築する場合の重要事項は、CANトランシーバの電磁適合性(EMC)性能です。EMC性能は、次の2つのパラメータによって測定されます。


・デバイスが発生するエミッション
・システム内に存在する干渉に対するイミュニティ


エミッション

エミッションとは、意図しない電磁エネルギーの放出を指します。低エミッションによって信頼性の高いサブシステムの動作を確保すると同時に、隣接するサブシステムの性能にも影響を与えないことが理想的です。


マーケット(産業または自動車)および用途に応じて、システムはさまざまなエミッションの規格に準拠する必要があります。エミッション試験はシステムレベルで実行されますが、設計者は通常、コンポーネント・レベルでの要件を満たすコンポーネントを選択します。これにより、個々のデバイス自体が限界を超えないようにすることができます。システム設計とボードのレイアウトも、システムの全体的なエミッション性能において重要な役割を果たします。さまざまなエミッション試験の中では、CANトランシーバのエミッション性能を特徴付ける自動車用途の試験として、Zwickau規格が最も厳しい試験となっています。


図1は、EMC試験に使用されるボードの例です。このボードでは、同じバスに3つの絶縁型CANトランシーバが接続されています。エミッションは、1つのトランシーバがデューティ・サイクル50%、250kHzの方形波信号を送信しているときに、テストポイント(図1ではCP1)で測定されます。

 

詳しくはこちらをご覧下さい。

https://e2e.ti.com/blogs_/japan/b/analog/archive/2019/01/18/can











企業HP:
http://www.tij.co.jp

Texas Instrumentsのニュースリリース

関連ニュースリリース